無料で行うSEO対策の方法

SEO4U:SEOは単純な作業の連続である。

Read Article

SEOの考え方を変えましょう。

Yahooが自前の検索エンジンを使っていた時代、SEO-P-LINKへの登録はYahooに対し効果が無くその代わりのSEO対策としてヨーロッパで主流だったCMS(SPIP)へのコメント(Aタグを入れて)スパムが大変効果的でありました。googleが評価していたSEO-P-LINKに対しYahooは同調しなかったと思われます。
では何故、googleではPLINK yahooではSPIPからのバックリンクが評価されていたのでしょう。
SEO-P-LINK設置者はIP分散やオールドドメインまで意識されている方が多く1人又は1社で複数のドメイン(設置サイト)を管理しています。
SEO対策に効果があると思われていた要素が複数盛り込まれていたことで、登録者は設置サイト数百サイトと相互リンクする事により登録サイト側も大きく影響を受けているのだと感じています。
対するヨーロッパ圏のSPIP設置者はレンタルした又は自前のサーバーにSPIPをUPしブログとして使っていました。日本のようにFC2やseesaaのような使い勝手の良いASPが無かったのかもしれません。
個別のサーバーにSPIPがインストールされている事が幸いしコメントに大量のスパム投稿を行う事でヨーロッパ全域のIPからバックLINKの獲得に繋がりました、そして個別インストールの為スパム対策も個々にしなければなりませんが、ほぼ対策は立てられないままでしたのでYahooでは効果が出たのです。

読み応えのあるSEOに関する書籍

仕事がらSEOに関する書籍は今までも沢山読んできましたが紹介した事はありませんでした、このページの目的が物売りの場では無かったからです。
今回初めて紹介させて頂く書籍は2012年2月3日に発売された「Google上位表示64の法則」です。
今までの書籍は著者の主観的な見解が多かった気がしていますし、当たり障り無い表現が多く分析による判断がなされていないと思ってきました。
私は数百のドメインを所有し1万ページ・1万キーワード以上を毎日検索順位を調べて統計を取ってきました。
そしてその結果で得られた確立の高い手法をコンサルティングとしてクライアントに提供して来ました。
そんな私の考えにも良く似た方法「統計学に基づく」理論を64の法則として書かれている書籍なので是非お薦めしたいと思います。

Google上位表示 64の法則 (WEB PROFESSIONAL)

Google上位表示 64の法則 (WEB PROFESSIONAL)

GooglePagerank 2012年2月6日

現在SEO4Uで管理するドメインが400まで増え、今回のページランク更新でTOPドメインの平均ページランクが3.5まで上昇しました。
ページランク6 10ドメイン
ページランク5 23ドメイン
ページランク4 117ドメイン
ページランク3 146ドメイン
ページランク2 40ドメイン
以下省略

SEOはIP分散が必要です。

特にGoogleに対し効果があるIP分散、以前は同じサーバ内に複数のサイト(ドメイン)を作り、うまくLINKを回しながらSEOを施しましたが 現在ではIPCクラスまで分けてサイトを設置しています。
SEO4Uでもメインドメインに対し数百、数千のIPからLINKを施しSEO対策を行っています。
この際もっとも大切な事が「IP分散し設置されたサテライトサイトが検索エンジンからどの程度の評価を受けているか」と言う事になります。
目安となるのがGooglePagerankです、言うまでもありませんが、リンクをもらうサテライトサイトのPagerankが高いほどメインサイトの検索キーワードは上位表示されます。
数年前までは無料ブログを大量に作りサテライトの代わりにしましたが、現在、サブドメインで運営されているブログの評価が下がってしまいバックリンクの効果が薄れてきています。

Backlink を調べてみませんか?

ドメイン名を入れてください[seo4u.jp]

* www.を付けている場合はドメインに付け加えて下さい。

モバイルはSEOよりSEMと考えよう

携帯コンテンツに関しては主な検索エンジンが3つになってしまった事もあり、あまりSEOにこだわり過ぎてはいけません、元々Yahooはソフトバンクのデフォルトですがソフトバンクのシェアが低いので主にGoogleにターゲットを絞るSEOを推薦していましたが、ドコモの暴走?によりGooに関しても考えなくてはならなくなってしまいました。

しかし、あせらずドコモのGooに関しては「教えてGooひいきが終わるまで様子を見る」事にしてindex数の様子を観察しています。

ビックキーワードを上位にゴリ押しするよりも、ミドルキーワードを複数、上位表示させる事をお勧めしています、そのほうがビューも売り上げも安定する為です。

ちなみにSEO4Uではこれまで検索キーワード「携帯SEM」でSEOを施してきました、auw.jp はGoogle PC検索 モバイル検索 共に1位
SEO

携帯SEO


昨年始めました携帯無料ホームページ作成ツール freesp.jp がYahooで3位まで上がって来ました。
携帯無料ホームページ作成ツール freesp.jp に関してははキーワード「携帯無料ホームページ」で2位になりました。
1位のkoossさんはなんと「無料」でgoogle5位の老舗ですから抜く事はちょっと、難しいかも・・・
携帯無料HP

モバイルアフィリエイターの方々に御利用頂いておりますが、フリスペで作成したコンテンツが携帯検索でも上位表示されやすいと報告を頂いています。

SEO4Uの考え方

検索エンジンでなるべく早く上位にしたい=「早く収益を上げたい」になると思います。
私の方針ではドメインを取得してからすぐに何百ものLINKを増やす行為は行いません。
ベースになるページを作り、Yahooエクスプローラー等でIINDEX化だけさせて置き、通常1年程度はゆっくりLINKをもらうサイトを吟味しながら相互LINKを行います。

ただ置いておくのももったいないですからアドセンスくらいは参加したいものです。 それとリピーターも獲得していく為に「他力本願」ではありますが以下のような便利なTOOL(コンテンツに合った)を設置するのも良いでしょう。

キーワード選び

キーワード選びでサイトの収入が変わると言っても過言ではありません。

キーワード選定

有料のキーワードツールでは「キーワードハンター」があります。

キーワードを入れると最大100件まで出力されcsvでダウンロードも可能です。

http://www.kwhunter.com/

Trellianの提供するキーワードアドバイスツール。キーワード毎の1日あたりの検索回数も計算して表示してくれる。

PrioritySubmit.com – Keyword Research

http://www.prioritysubmit.com/research.html

webmaster toolkit – Keyword Research Tool

http://www.webmaster-toolkit.com/keyword-research-tool.shtml

webmaster toolkitのキーワードアドバイスツール。キーワードを入力すると、それを含んだ関連する他の候補キーワードを表示してくれる。検索回数は表示されない。

Digital Point – Keyword Suggestion Tool

Digital Pointのキーワードアドバイスツール。オーバーチュアのデータを出力するが、どこの国内の検索回数を表示するか選択することができる。選択対象はオーバーチュアがサービスを提供する国・地域。

http://www.digitalpoint.com/tools/suggestion/

Espotting – Keyword Generator

欧州のPPCプロバイダー Espottingの提供するキーワードアドバイスツール。過去30日間の検索回数と指定したキーワードを含む関連語句を表示する。

http://www.espotting.com/popups/keywordgenbox.asp

SEO Chat – Keyword Suggestions for Google

SEO Chatの提供するキーワードアドバイスツール。キーワードを入力すると、Googleで検索してそのキーワードを含むWebサイトで頻繁に利用されているキーワードを調査、関連性が高い順番に表示する。ブレインストーミングをする際に利用するとよい。

http://www.seochat.com/seo-tools/keyword-suggestions-google

グーグルがアドワーズ広告主の検索キーワード選定を支援するツール「キーワード最適化ツール」日本版を公開した。

キーワード最適化ツールは、昨年11月に公開されたSearch-based Keyword Tooの 日本語版。検索クエリまたは特定のURLを指定して検索すると、関連性の高いキーワード一覧、選択した国・地域の月間平均検索ボリューム、広告プレースメ ントの競合度の割合、検索結果の上位3位以内に広告を掲載できる可能性が高い予測入札単価、特定検索ワードで広告が表示された回数の割合(広告/検索シェ ア)などのデータを表示する。

Google キーワード最適化ツール

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a Reply

*
*
* (公開されません)